社員インタビュー Interview 04 知識が増えるごとに成長を実感。
誰よりも商材に詳しい
内勤営業でありたい—

Interview
Shoichiro
Nakamura
柏店 中村昇一郎
内勤営業 / 入社3年目

前職はスーツの販売職。全国転勤のある仕事で異動も多く、「一つの場所で腰を据えて働きたい」と考えたのをきっかけに、地域密着型のサービスを提供する大竹産業に転職。

About work 多彩な商材の知識量で
勝負する内勤営業

Q.01 入社時の思い出を教えてください

全く未経験で飛び込んだ業界でしたが、年次の近い先輩が指導係として面倒を見てくれるエルダー制度があり、なんでも相談しやすい環境はとても安心でした。

携わってみて初めて感じたのは、扱う商品群の豊富なラインナップ。長年勤めている人でも全ては把握しきれない奥の深さでした。また、専門商社ですので、販売がメインだと思っていましたが、当社は施工まで提供できるのが大きな特徴です。

営業は現場調査や資材の収まりのチェックまで、施工業者のように現場に深く関わっていて、とても意外でしたが活躍の幅が広いなと思いました。

Q.02 担当している業務内容を教えてください

私は内勤営業として担当顧客を持ち、外回りに出ている営業とタッグを組みながら、オフィスでできる業務を私が担当します。電話で商品の問い合わせに対応したり、見積りを作成したり、受発注の処理やメーカー側とのやり取りなども多いですね。

内勤だと現場を見る機会がなく、倉庫にある商材も箱に入っている状態ですので、プラモデルの箱と説明書だけを見て対応しなければならないような難しさがあります。

わからないことは、メーカーに直接訊ねたり、自分でも調べたりして、知識を蓄えていく努力が必要な仕事です。

About the strength 内勤営業の存在価値を
追求できる面白さが魅力

Q.01 内勤営業の面白さややりがいはどんなところですか?

最初のころはお客様の方が商品に詳しく、教わることの方が多かったです。徐々に「調べて折り返し連絡します」と慌てる頻度が減り、お問い合わせにその場で答えられるようになるたび、自分の成長を感じてきました。

欠品時に代替品をご提案した際、「あれ、良かったよ」と喜んでいただいたときは本当に嬉しかったですね。内勤営業は本当に知識がモノを言う仕事です。実際、メーカーに丸投げしようと思えば可能なのですが、それでは内勤営業が存在する意味がありません。

お客様からも営業所の仲間からも頼られる存在になっていくことが目標であり、一番のやりがいですね。

Q.02 大竹産業で働く魅力と、求職者へのメッセージをお願いします。

私の在籍する柏店は営業所内の風通しも良く、上下関係も横のつながりも良好です。例えば、熱を出して寝込んでしまったときは、他のメンバーがしっかりフォローしてくれるなど、普段からチームで働く安心感がありますね。

内勤営業にもサブチーフ、チーフというキャリアステップがあり、チーフになれば所長代理も任されるような立場ですので、私も目標にしています。ほぼ全員が未経験入社にも関わらず、皆さんプロ意識を持って活躍している点も魅力だと思います。

学ぶ意欲さえあれば成長できる会社です。ぜひ経験の有無など気にせずチャレンジしてください。

One day
schedule
ある一日のスケジュール

  1. 08:45
    まずは急ぎの事務作業を

    現場の職人から依頼された発注に対応します。依頼はすべて電話またはFAXで、1人20社ほどを担当。特に週明けは電話が多く、忙しくなります。

  2. 12:00
    発注対応を締め切ります

    その後の発注依頼は翌日便扱いとなります。あわせて「いつまでに・何を・いくつ」といった発注頼内容をPCに入力します。

  3. 14:00
    午後から〜問い合わせ対応が中心。

    自分なりに調べて答えるほか、新たなご提案をすることもあります。電話の合間に、配送手続き、伝票処理、見積書の作成も行います。

  4. 17:00
    一通りの処理を終えて業務完了

    繁忙期には問い合わせやクライアント対応で残業をすることもありますが、基本的にはほぼ定時で仕事を終えています。

エントリー

次の100年を担う存在へ。
新たなチャレンジをぜひ当社で

大竹産業は新しい時代をともに創っていく新たな人材を求めて、通年で人材採用を実施しています。
興味のある方は、希望の職種にぜひエントリーをお願いします。

Entry